宮古島「アリランの碑」。朝鮮の姉さんたちに会いに行く。

沖縄県宮古島市野原(のばる)にある「アリランの碑」に行った。

農地の中にぽつり、ぽつりと住宅が点在するエリア。畑に囲まれた小さなスペースに「アリランの碑」はあった。

アリランは朝鮮民謡の曲名

 

太平洋戦争(1941年~1945年)末期、宮古島にも16箇所の慰安所があったといわれている。「アリランの碑」が置かれているのは、16箇所のうちのひとつ。野原(のばる)の慰安所にいた朝鮮の女性たちが洗濯(当時は井戸で洗濯をしていた)の行き帰りに休憩していた場所だという。

 

慰安所=旧日本軍が日本国内や植民地として支配した地域に設置した兵隊の性欲処理のための施設。日本国内や植民地から連れてこられた女性たちへのリアル性加害が公然とおこなわれていた場所である。

 

アリランの碑

宮島にも慰安所があった

当時の宮古島には、大日本帝国の陸海空軍隊33,000人ほどが駐屯していた。3,000人の性欲処理のために作られた慰安所は、宮古島・伊良部(いらぶ)島内で16箇所。
慰安婦(ここでは便宜上使用)たちの明確な数字はわかっていないが、一箇所に10人いたとしてぜんぶで160人ほどの女性たちがいたのではないかと推測されている。


慰安婦たちは植民地や占領地から連れてこられたが、宮古島には朝鮮の女性が一番多かったという。

 


写真前方が「アリランの碑」。後方にあるのは、太平洋戦争当時慰安婦とを強要させられた11カ国の女性たちの母語ベトナム戦争当時韓国軍による性加害を受けたベトナム女性たちをあらわすベトナム語の12の言語で「「全世界の戦時暴力の被害者を悼み、二度と戦争のない平和な世界を祈る」と刻印された記念碑。

 

 

宮古島慰安所のようす
書籍「戦場の宮古島と『慰安所』」日韓共同「日本軍慰安所宮古島調査団 著、 洪ゆん伸 編集、(なんよう文庫 発行)によると、宮古島慰安所だけに見られた特徴があったそうだ。

1:平坦な土地の成り立ちから他の慰安所のように隠された場所に設置することができなかった。島全体に慰安所が分布していたため、一般の市民も慰安所慰安婦たちの姿を目にする機会があった。
2:宮古島の人たちは、慰安婦たちを差別的な目線で見ることは少なかった。
3:宮古島の人たちと慰安婦の間には、親しみをこめた日常的な交流があった。

 

アリランの碑・裏側

アリランの碑」は、野原(のばる)で慰安婦たちがひと休みする姿を子どものころによく見かけた元の与那原博敏さんがその姿を忘れないために石を置いたのがはじまり。
宮古島では2007年~2009年まで慰安婦の実態が調査され、韓国と日本の支援団体が「アリラン」の碑」として2008年9月7日に正式に設置した。

 


風速5メートルの風と南島の湿気。
朝鮮の姉さんたちが歩いたかもしれないあたり。
当時は、どのような風景だったのだろうか。
宮古島の言語は、朝鮮の姉さんたちにはどのように聞こえたのだろう?
いったいここがどこなのかもわからない場所で、日々なにを思っていたのだろう?
言葉を残さなかった姉さんたちの気持ちは、今となってはわからない。

 

現地にしばらくたたずんでいると、木綿の衣装をつけた姉さんたちが「きょうは、朝鮮の子がここに来ているね」と話しているようにも思えた。(筆者の祖先は、朝鮮半島からの越境者である)

 

「姉さんたち、今はどんな気持ち?」と聞いても返事はなかったけれど。

 

食べものをそなるのはよくないかと思ったが、少しだけ。ビスケットと朝鮮の晴れ着を思わせる色合いのグミを岩の下においた。

カラリとした風を受け毅然と立つ「アリランの碑」。
サトウキビが、カラ、カラ、カラ、ザワ、ザワ、ザワと乾いた音を放っていた日。
宮古島にいる朝鮮の姉さんたちに、あいさつをした。

 

●余談
この場所で慰霊のために「イムジン河」が歌われることがあるようだ。
それはもしかしたら、最適ではないかもしれない。

イムジン河」は戦争による朝鮮分断を歌った楽曲で1957年制作。
朝鮮の姉さんたちがここにいたころ、朝鮮半島は分断していなかったし「イムジン河(原題: 臨津江)」という楽曲は誕生していない。

ここで「イムジン河」を歌うと、姉さんたちは知らない曲を捧げられていることになってしまう。
(もちろん、朝鮮語で歌われるなら意味は伝わるだろうしそれもいいのだけれど)

 

アリランの碑 沖縄県宮古島市上野

休憩タイム

f:id:amahaji:20211001102748j:plain

 

しらばくの間、記事の更新を休んでみる予定です。

9月の中頃でしょうか。那覇の市場周辺でうちなーんちゅであろう方に、「沖縄のもん(モノ)を沖縄以外のもん(者)が撮るな!」と言われたできごとがありました。(その前に、「どこのもんや?」って聞かれたのだった。これはマイクロアグレッションです)「失礼ですよ」と言い返しそのときは自分自身の尊厳は守れたと思っていたけれど、衝撃は意外に強かったのでしょう。

必要以上に気にしすぎなのかもしれないし、必要以上に気にすべきことなのかもしれないし。矛盾した葛藤なのか、過去のトラウマのどれかにつながるのか。どちらにせよ、休憩です。

 

 

あるビーチで。

f:id:amahaji:20210930185412j:plain


波打ち際にたたずみながら話す人、海で泳ぐ日本語話者、そしてベトナム語話者。

時間のかさなりの中で、フレームの外から走ってきた人が海に飛び込んだり、立ち話の人が遠くへ移動したり。いつもは静かなその海からザブーンという波の音が聞こえたのも気がきいていて。1編の映画のようだった。

 

市場のシークヮーサー

f:id:amahaji:20210929160337j:plain


公設市場周辺の通り。台車にシークヮーサーやバナナ、みかんをのせて商売しながら歩く方を見かけました。

顔なじみであろう方が「がんばってるね!」と声をかけています。

一度は通り過ぎたけれど、ゆっくり追いかけて、大宜味村(おおぎみそん、沖縄島北部にあります)のシークヮーサー1袋100円を買いました。

 

「僕の帰る場所」チャリティ上映@桜坂劇場

 

f:id:amahaji:20210924222518p:plain

藤元明緒(ふじもとあきお)監督作品「僕の帰る場所(Passage of life)」(2017/日本・ミャンマー合作) を桜坂劇場で観賞。

日本に暮らす夫婦と子どもふたりのミャンマー人家族。「難民」の申請を続けているがなかなか受理されない。「いつまでも安心できないし、いつも怯えてる」そんな生活がつらくて母親と子どもたちは父親を残してミャンマーへ帰国するが……。

続きを読む

「島の美容室」福岡耕三 / 写真・文

f:id:amahaji:20210923142414j:plain


 その島には長い間
 美容室がないという事を聞いた

 人々は数日かけて
 那覇の美容室に行くという

 美容師である私は、そのことが気になった

 「島の美容室」より

 

茨城在住の美容師福田さんが、沖縄の小さな島で月に10日間だけ開く「島の美よう室」。

続きを読む